2007年04月22日

メールアドレス抽出プログラム

プログラム、とは言っても、お気軽スクリプト。

ちょっと必要に迫られて、書きました。
AddressGet.gawk

他にもgawk、sort、nkfが必要になりますけどね。コマンドラインの使えない人にはちょっと厳しいかな。

使い方は、
gawk -f AddressGet.gawk メールファイル | sort | uniq | nkf | nkf -J -s | sort | uniq
ってとこでしょうか。

最初の sort | uniq でASCIIベースで重複が無いようにします。
最初の nkf で MIME->JIS化します。
2度目の nkf で JIS->Shift-JIS化します。
2度目の sort | uniq でShift-JIS化したものから重複を除きます。

これで、あとはCSVにでもすれば、たいていのアドレス帳でインポートできるはず。
今回は Thunderbird のメールファイルを処理して、アドレス帳を作ることができました。


久しぶりのちょっとしたスクリプト。時間もかからず、実用的なものができて、うれしいわーい(嬉しい顔)


posted by esese at 01:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

Thunderbird 1.5RC1

昨日、Thunderbird 1.5 RC1 がでたようだ。

会社の環境はすでにAl-MailからThunderbirdに乗り換えているものの、ここで妙な1.5など入れて、はまってしまうのも困りもの。とりあえず自宅のPCでテスト的に入れてみる。

自宅PCもAl-Mailだが、最近ゴミメールが多すぎて困るんだよねぁ・・・

ダウンロードして、実行・・・って、いきなりまだBeta2ですか?
051105-01.jpg

というか、Beta2って出ていないと思うので、Beta2をそのままRC1として出してしまったのかしらね?と書いていたのですが、10/9に出ていたことがわかりました。じゃあ、単に修正漏れね。

まだ日本語になりきっていないところもあり、家族で使うのはまだまだかなぁ
051105-02.jpg
posted by esese at 13:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

Operaライセンスキー無料配布

■Operaが10周年を記念して24時間限定でライセンスキーを無料配布、本日22時開始

太っ腹ですね。8/30の22時開始なので、あと12時間くらいですね。ん?22時ってのは日本時間じゃないよね。日本時間だと31日の16時までのようです。

普段はOperaは使っていないのですが、早速もらってきました。

有料で買った人はちょっと悲しいかも。

posted by esese at 10:36| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbird Extension(その2)

返信をかける時の、フォーマットを変更したくなった。

昔は、AL−Mailだったので返信時には xxx wrote: の形式を使っていたが、最近Outlook Expressを用いて思ったのは To、CC アドレスを返信時に明示的に入れるというのも、社内で使う分にはそれなりにいいかもしれない、ということだった。

社内だと、どんどんCCに関係者を追加する場合もあるが、過去誰にどんなメールが流れているのか、実はわかりやすかったりする。

これでも、過去は引用は最低限に、なんて考えていたのにね。

で、AusDilecce Extensions の Thunderbird Reset Quote Header v0.3.1 を使ってみることにする。

で、インストール。
050831-01.png

再起動して「設定」をしようとすると、
050831-02.png

だめじゃん。一瞬バージョンが0.4.3だからか、とも思ったが・・・。

ググって見ると、他のExtensionでも日本語化済みThunderbirdに入れると同じエラーが出ることがあるようだ。Extensionの中を見てみたものの、エラーの原因らしいものは見つからない。さらにググっていると、Premier's Page で日本語化されたものが公開されていた。

で、これをインストール。
050831-03.png


設定。おゃ?正常に画面が出るじゃない。
050831-04.png

とりあえず、デフォルトで使って、OutlookExpress風の返信メッセージが出るようになった。
OKOK。

そのうちに、時間のあるときに0.4.3も日本語化に挑戦してみよう。
(その前に、NextMsgBySpace を作らなきゃ)

このあたりをもう少しググっていたら、「もじふぉ」というサイトのキャッシュに日本語化の経緯が残っていた。が、実際にページを表示しようとしたら、株式会社ヒューメイアという穂スティングサービスの会社のページに。どうも過去、ハッキングにあって、そのままのようだ。貴重な情報などがあったはずなのに、残念なことだ。

posted by esese at 00:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

Thunderbirdのカスタマイズ(その6)

どうも、全体的に小さめの文字の表示が汚い。えーい、面倒だ。

全フォント12ポイントね、ということで userChrome.css を変更

* {
font-family: "Tahoma", sans-serif !important;
font-size: 12px !important;
}
posted by esese at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

Thunderbirdのエクステンションを作ろう(その5)

install.rdf ができたところで、次は about.xul。

roachfiend.com にあるように、Jed Brown が雛形を作ってくれたので、あとはそれを埋めてお終い。

難しいところは特になし。しいて言えば、about ボックスに出す絵を
<image src="chrome://NextMsgBySpace/skin/NextMsgBySpace.png"/>
と指定するくらい。

できあがりはこちら
posted by esese at 12:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbirdのエクステンションを作ろう(その4)

本格的に作り始める前に、多少勉強。
Firefox/Thunderbird 用拡張機能のパッケージ方法(日本語訳はこちら)と、How to create Firefox extensions(日本語訳はこちら)を読む。

エクステンションは .xpi 形式となっていて、中身はZIP形式の圧縮ファイル。これを展開すると、chromeというディレクトリの下に extension.jar ファイルが、展開した直下に install.rdf というファイルがある。

extension.xpi:
install.rdf
chrome/extension.jar


昔のエクステンションによっては、install.js というファイルがあるらしいが、これは、Firefoxの0.9以降では使われないものらしい。なので、install.rdfを早速作ることにする。

出来上がった install.rdf はこちら

id の{83EF9668-5669-4c7b-B1EF-43DC3F98DC0E} はWindows上で、guidgen を利用して作成。
iconURLaboutURLpackageskinは、サイトのものをそのまま流用。
updateURLoptionsURL はこちらのサイトにオプションとしてあったので、追加。
posted by esese at 01:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

Thunderbirdのカスタマイズ(その5)

昨日に引き続き、カスタマイズ。

受信ボタン右のドロップマーカー(という言葉に到達するのも大変だった)が小さく、使いにくい。
Thunderbirdのソース(mail\base\skin\primaryToolbar.css)と MicroThunderbird のテーマ中の jar ファイルをばらして、そのうちの toobarbutton.css のソースをハックして、なんとなくそれらしく動くものが出来上がり。

昨日の userChrome.css に以下の行を追加。
toolbar .toolbarbutton-menubutton-dropmarker {
	padding: 0px 4px !important;
}
/*** ACTION: mouse over the dropmarker ***/
toolbarbutton:hover > .toolbarbutton-menubutton-dropmarker {
  border: 1px outset threedface !important;
  background-color: #CCCCFF !important;
	padding: 3px !important;
}
出来上がりはこちら。試行錯誤のあともあるけど、ご愛嬌と言うことで。
あと、試行錯誤で作ってますから、動かない、おかしい、というケースがあっても、たぶん対応できませんのであしからず。うまく動いたときには、コメント欄に書き込んでいただけるとうれしいです。
使用前 使用後 OutlookExpress
050826-01.png 050826-02.png 050826-03.png
posted by esese at 16:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

Thunderbirdのカスタマイズ(その4)

どうもフォントが気に入らない。

ということで、user.js に続き、userChrome.css を作ることにする。

プロファイルディレクトリを D:\Thunderbird に移しているので、作る先は D:\Thunderbird\chrome
(ヂツは、userChrome.css を D:\Thunderbird 直下に置いて1時間悩んだのは内緒)

まずは、フォントの変更。全体を MS UI Gothic にする。いろいろ調べてみると、Tahoma を指定すれば、Windows2000/XP では FONTLINK という機能で、MS UI Gothic をカバーするようだ。
* {
font-family: "Tahoma", sans-serif !important;
}

次に小さなつぶれ目の文字を大きくする。
menu, menubutton, menuitem, menulist, menubar, menubutton, treechildren {
font-size: 12px !important;
}
#collapsedHeaderView {
font-size:12px !important;
}
#expandedHeaderView {
font-size:12px !important;
}

最後に、もじら組を漁っていてヒットした「ヘッダペインの縦スクロールはできませんか」という投稿記事とその回答。

#msgHeaderView {
max-height: 20em !important;
}
#expandedHeaderView {
overflow: auto !important;
}

出来上がりはこちら
posted by esese at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

Thunderbird テーマ(その2)

OutlookExpress系のテーマがNGだったので、仕方なくそのまま使おうか、とも思ったが、miniBird というテーマを発見。もともとのThunderbirdのアイコンはそのままで、間隔などを詰めてくれるもの。

入れてみるといい感じなので、これをしばらく使ってみることにする。ちょっとメニューなどが詰まり過ぎの感じはあるものの、このあたりは気に入らなければあとで調節しよう。

使用前
050824-05.png

使用後
050824-06.png
posted by esese at 17:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbird テーマ

見栄えをちょっと変えるために、テーマを入れることに。
AL-Mailから乗り換える前に、OutlookExpressも使っていたので、どうせなら違和感の無いものをとOutlookExpress風のものを調査(というか、AL-Mail風のテーマは無いことがわかりきっていたし、そこまで作るつもりもないし)。

ヒットしたのは以下の二つ。
1)The OE Look Collection for Tb
これには
Outlook Express 0.0.1 と Luna Blue 1.0 という2つのテーマが含まれていて、どちらでも好きなものを使えるようだ。
Outlook Express 0.0.1 のほうは、オリジナルが Daniel Steinbrook さんが作ったもの。この Daniel Steinbrook さんが作った新しいものが2)。

今はWindowsXPを使っているとはいえ、UIはWindows2000と一緒にしているので(あえて言わせてもらえば、あんなにくだらないアニメーションごときにマシンパワーをどうしてそんなに割こうとするのか、WindowsXPの考え方は理解できない)、Lunaは不要だが、インストールを試みる。ところが、上記のホームページのコメント欄にもあるように、「install-XXX.rdf」のエラーが出たので、止め。
050824-03.png

Outlook Express 0.0.1 をインストールしたところ、アイコンと背景色が合わず、浮き出た感じになっている。あっさりNG。
050824-04.png

2)Redmond Revisited 0.0.2
気を取り直して、Thunderbird Themesから、Redmond Revisited 0.0.2 をチョイス。

上記にも書いたように作者は Daniel Steinbrook さん。コメントにも (Formerly known as Outlook Express 0.0.1 for Thunderbird.) と書いてある。

インストールしたが、これも、アイコンと背景色が合わず、浮き出た感じになっている。1)のOutlook Express 0.0.1でも同様の現象だったことから、オリジナルからある問題だと思う。

これもあっさりNG。
posted by esese at 15:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbird Extension(その1)

Thunderbird環境に移行して、とりあえず試してみたいのは迷惑メールフィルタ。
その学習データを見るためのExtensionを入手。

入手先はMozillaハック特設仮設ページ。こちらのspamdump extension 0.6を導入。

残念ながら「ツール」−「拡張機能」の中には表示されないけど、メニューに表示されているので、インストール済みとわかる。
050824-01.png
ま、見たからと言って、どうにかしよう、というわけではないけど。

ただ、5.6M程度の学習データで、表示がされずに止まってしまうのは、JavaScriptの限界か?
050824-02.png
posted by esese at 00:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

ついにThunderbirdに乗り換え

AL-Mailがクラッシュして以来、会社のメールサーバ上にメールをためまくってきていたが、さすがに限界。管理者からディスク容量の90%を超えているぞ、という警告メールをここ数日受けまくっていたので、重い腰を上げることに。

まだThunderbirdがまともに使えるかどうか確認していないけど、とりあえずメールサーバ上のメールを持ってくる必要がある。約300M、7000通を何とか取り込んで、再度仕分け中。
posted by esese at 23:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

Thunderbirdのカスタマイズ(その3)

公式ページでは情報量が少ないので、Post your userFiles! あたりから拾ってくることにする。人の真似をすることは大事です。
ただ、別途裏は取らないといけませんけどね、猿真似するだけじゃなくて。

あとは、MozillaZineあたりの情報を使ってと。

まずは、気に入らない日付フォーマットの変更
// Changing the display format for today's date 
// 0 10:23 AM
// 1 Friday, December 31 2003 10:23 AM
// 2 12/31/1999 10:23 AM
// 3 12/1999 10:23 AM
// 4 Fri 10:23 AM
user_pref("mail.ui.display.dateformat.today", 2);


posted by esese at 13:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbirdのカスタマイズ(その2)

次は設定ファイルを作らないと始まらない。

user.jsを D:\Thunderbird に新規に作る。これはカスタマイズで保存フォルダを変更しているから。デフォルトの人は、上記の設定ファイル記述ページを参照してもらいたい。

記入していく内容は、本当だったら便利な使い方にある内容を入れていくのだが、漢字コードはUTF-8にしないといけない。

面倒なので、やりたいことは日本語ページで探して、書きたい内容は英語ページから持ってくることにする。

NEWSサーバは使わないから、それ系はパス。

AL-Mailでは読み進んでフォルダ内の最後のメールになっても、次のフォルダの未読には飛ばないので、当然2
// This pref controls the "Advance to next unread 
// message in [x] folder" behaviour
// 0 - Always go to the next folder without prompting
// 1 - Ask before going (the default behaviour)
// 2 - Never go to the next folder with unread messages
user_pref("mailnews.nav_crosses_folders", 2);

返信ヘッダも変更したいのだが、とりあえず今回はパス。
posted by esese at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbirdのカスタマイズ(その1)

まず、基本の保存ディレクトリの変更から。
プロファイルの変更から新規のプロファイルを作成して、フォルダの選択からD:ドライブ上に保存場所を作成。「次回起動時も同じプロファイルを使用する」にチェックを入れてOK。
050822-01.png
050822-02.png
posted by esese at 12:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

Officeファイルの更新日時変更

MicrosoftのOfficeファイルのプロパティを開くと「前回保存日時」という項目があるが、この日付をファイルの「更新日時」とすることができれば便利だ、と昔思ったことがある。
昔のメールから添付ファイルを保存すると、更新日時が最新になってしまい、本来の時系列順に並んでくれない。これを何とかしたい、と思ったわけ。

昔作ったときは、お手軽に「前回更新日時」の出力と、cygwin の touch コマンドを組み合わせる、というかなり強引なことをしていたが、今回は何とか VBS 一本で出来上がった。

便利便利。

ぜひ欲しい、という奇特な方が見えたら、コメントに記述してくだされ。気が向いたら、公開しますので。
posted by esese at 21:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

Thunderbirdのエクステンションを作ろう(その3)

既読メッセージを含めて読み進むために、どうにか探し出してみたものは、Buttons! 0.5.1
ツールバーのボタンを増やしてくれて、ボタンを押すと(既読も含めて)次のメッセージに進んでくれるというもの。

しかし、残念ながら、ボタンを押したときには進んでくれるものの、スペースキーで読み進むときには次の未読に飛んでしまう。

だめじゃん

ということで、何とかなるだろ、と考え、自分で作ることに挑戦することに。
posted by esese at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbirdのエクステンションを作ろう(その2)

Get Thunderbird
Thunderbirdをインストールしてちょっと使ってみたところ、たいていのところはまぁ、何とかなりそうだとわかった。

が、致命的なのはスペースキーで読み進んでいくときに、常に未読のメッセージに飛んでしまう事。

AL−Mailでも、OutlookExpressでも、既読のメッセージに進んだものが、いきなり未読に飛ぶのはいただけない。AL−Mailのときから、ワークスタイルとして郵便受け(受信トレイ)には対応すべき重要メールを残している。未読のものでも再確認しながら読み進む事をしているので、一度読んだからといってすっ飛ばされるのは非常に困る。

どうせ、エクステンションで機能拡張ができるのだから、それくらいのものはあるだろう、と高をくくってググって見たが、どうにもこうにも見つからない(まぁ、探し方が悪いのかもしれないが・・・)。

えー、こういうのって、誰も欲しいとか思わないのかなぁ・・・
posted by esese at 17:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbirdのエクステンションを作ろう

これまで、メールクライアントはAL-Mail32を使ってきたが、そろそろ限界に近いような気がしてきた。過去の延々とつながっているプロジェクトのメールだとかで18万通以上のメールが保存されている。まぁ、こんな大昔のメールクライアントながらも、今なお18万通も管理できるのは、設計思想がいいからだろうと思う。

ただ、さすがに18万通もあるとディスクの容量を食って食って困る。なにせ、AL−Mailの一つの売りは16ビット時代からメール1通、1ファイル。NTFSで小さなクラスタ構成にできるとはいえ18万通あると合計で約5G。バックアップもままならない。
また、残念ながらAL−Mailもここ3年はまったく音沙汰無く、今後の展開は少々厳しそうだ。

なんて思っていたら、先日環境移行の際にメールフォルダの一部をぶっ飛ばしてしまった。完全に直せなくて、仕方なくOutlookExpressを使っていたが、この際だからThunderbirdに乗り換えようと思った。
posted by esese at 16:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。