2008年05月04日

ボールペンの色

今日の日経PLUS1を読んで、ようやく長い間漠然とした疑問だったことがはっきりとした。

海外に滞在中、いろいろなイベントでもらうボールペンが、とにかく太いこと、それからインクの色に青が多かったことが気になっていたのだけれども、その理由はわからなかった。

今日の日経PLUS1には
・欧米は万年筆(ペン)の文化を踏襲しているから、青
・日本、中国は墨の文化を踏襲しているから、黒
・中東は緑
と、三菱鉛筆の談として記述されていた。なるほどねぇ。

でも中東の「緑」というのは、どこから来ているんでしょう?まさか「草」?

あと、欧米が太いのはアルファベットだけだから。漢字、ハングル圏は細いものを好む、というのはパイロットコーポレーションの談。

確かにね。あの1mmくらいある線では、細かい漢字は書けません。
posted by esese at 01:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。