2008年10月03日

お客さんへのプレゼン

どうも、まずい。実はお客さんが乗り気になってきている雰囲気がする。
しかも悪い方に。この金額でやるといったのだから、やれ、といわれそう。

営業戦略的に金額を出してしまっているので、似非SEとしては内心とっても困っている。

お客さんから、見積もり工数が自分たちの持っている標準値よりも低い、と言われればしまったぁ、と思ってもおかしくない。今回は、しまったぁ、を通り過ぎて、ドツボだぁ、に近い。

感覚値としては、どうも社内で一番最初にはじき出した数字が割りとヒットしているようだ。


うーん、このあとどういうアクションを取るべきか。悩ましいなぁ。
posted by esese at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107658521

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。