2008年06月03日

障害その後

30日に発生した障害に関して、お客さんからやる気があるのか、という厳しい叱責を受けた、と現場からの報告が上がってくる。

まずはざっくばらんなところでお客さんと話をしてくると言うので、その後のフィードバックを依頼して、私はテストセンター作業の続行。

夜に留守電が携帯に入っていて、お客さんに対して誤解を解くことは出来た、という内容だったので一安心。

ただし、お客さんに障害報告を行う時には同行したほうが良さそうなので、その日程調整をお願いする。


やっぱり障害後の対応は難しい。
posted by esese at 23:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。