2007年10月30日

呑んだくれオヤジ

また今日も遅くなりそう。仕方ないから、夕食代わりのお弁当を買って帰る道すがら、酒屋の前を通りかかった。

酒屋の店頭のポップが気になって視線を流していたら、声をかけられた。

あ、お久しぶりです。
以前一緒に仕事をしたことのある人だった。
それなりには、好感を持って接していられる人だと思っていたのだけれども・・・

その姿は、そこらのノンベオヤジ。
片手にはその酒屋で買ったばかりの発泡酒。片手はタバコ。酒屋の店先の灰皿の前で立ったまま。


会えたのはうれしかったけれども、相当、好感度ダウン。

posted by esese at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

いよいよ本番第1次リリース

私配下のメンバーがプロジェクトマネージャーとなっている真っ赤っ赤プロジェクト。これまでずっと燃え盛って来た。

それでも、ようやく、これで第1次リリースにこぎつけることができた。これもすべて、メンバーが頑張ったおかげ。

多少不具合やトラブルがあったものの、これくらいの規模のプロジェクトでは当たり前のこと。これくらいで済んでいるのなら、十分過ぎるくらい。

でも、これで終わり、ではなくて、1ヵ月後の第2次リリースがいよいよ本当の正念場。


みんな、頑張ろう。

posted by esese at 23:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

品質ダメじゃん

もうすぐ内部結合テストフェーズが終わろうとしているのに、全然不具合の発生が収束していく気配が無い。

そもそも、詳細設計や製造フェーズでのテストが甘いからだ。発生している不具合も製造フェーズでの混入が多い。

テスト方法を根本的に考え直さないと、本番リリースしてからが、大変になってしまう。


こういうときこそ、知恵を絞らなきゃ。
posted by esese at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

人事異動

君の異動通知を見た。

思ってもいない部署だった。いや、よくよく考えれば、適切な部署だったのかもしれない。

ということは、私のよく知っているあの人の後任のような立場になるということなんだろうか。

いずれにせよ、もったいないと思う。


意欲のある人は、どんどん外に出すべきなのに。
posted by esese at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

お久しぶり

ずいぶん久しぶりな君からの電話が鳴った。
挨拶をしに来たとのこと。

早速会ってみると「3ヶ月モンゴルへ行ってきます」えぇ〜?

遊牧民の生活(ずいぶんとまぁステレオタイプな見方だこと)に、何しに行くの?

「とりあえず3ヶ月ですけど、システム構築の仕事で。でも、それが3年間くらいあるんですよ」

エセなSEには全くピンとこない。年間3〜4ヶ月で、3年間なんてシステム構築の支援みたいな仕事なのかな。

いずれにせよ、若い君には頑張ってきてもらいたいと思う。海外に出て行くなんて、なかなか経験のできることではないのだから。


いいな、そんな仕事、3年くらいならやってみたい気がする。
posted by esese at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼が笑う

上司が来て、「ちょっと良い?」と。たいていロクな話じゃない。
私もロクな件じゃなくて、部下と話をしたい時にいう言葉と同じだから。

「次の案件だけどさぁ、・・」

あ・の・ね。まだ1ヶ月は完全に動けないんですけど。どう見てもそろそろ動き出さなきゃ、ってのは重々承知しているんですけどねぇ。

結論として、次の案件を行ってほしい。今提案しているから、そこからは入って欲しいということ。

私もお給料をもらっている身なので、いや、とは言いませんけど、もう少し休憩させてくれても良いんじゃありませんか?

それに今すぐって言っても、今の案件をほったらかすわけには行かないでしょうし。

もうちょっと考えて欲しいなぁ・・・
posted by esese at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

復活

朝体温を測ると、35.6℃。

もう少しダウンしていたかったような気もするけれども、昨日18時間くらい寝て復活してしまったようだ。
posted by esese at 07:06| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

ついにダウン

むちゃくちゃな生活を続けたせいか、ついにダウン。38℃の発熱。

昨日身体を冷やしすぎたのもあるのかもしれない。これまで同様、自律神経が失調している。

寝ているに限る。
posted by esese at 12:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

伯楽星

新澤醸造店さんの作る宮城のお酒。純米大吟醸。

071020-03.jpg

「時の到来とともに天上した駿馬の伝説」という意味らしい。
ラベルにあるように確かに多少辛口。また、香りも大吟醸にしては今ひとつ。

口に含んだときの感じもエタノール臭を感じところもあり、万人向きではなくややノンベ志向を感じさせる味わい。

天領はドライ納豆で飲めるお酒だけれども、こちらは食事とあわせて飲みたいお酒。
posted by esese at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天領

天領酒造さんの作る飛騨のお酒。純米大吟醸。

071020-02.jpg

酒造好適米、飛騨特産の「ひだほまれ」100%使用。東京農大「花酵母」を使用して醸した香り華やかなお酒です、とのこと。

Web上には同じようなラベルがないけれども、酵母やお米からみると「天のしずく」、「ひだほまれ天領」に近いものなのでしょう。

もう、おいしいのなんのって。
好みとしては、もう少し香りがあると最高だけれども、それほどの贅沢も言えないかな。

口に含んだあとは、香りが口内から鼻の前の方で立ち上がってくる。説明は難しいけれども、とにかく前の方。奥のほうで感じるお酒もあるんですけれども。

ちょっと残念なのは、飲んでいるとだんだん「たるく」なってくること。もう少し切れが続いて欲しい。とはいっても、ほとんどオールラウンドに合う、アルコールにあまり強くない人にも合いそうなお酒。

今度飛騨に行ったら、ぜひ買ってみたい。
posted by esese at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強制送還

飲んだくれていたのがバレてしまい、お昼過ぎには強制送還とあいなりました。
もっと、逃亡していたかったのに。

帰りも機内で食事が出るので、早速メニューリストを見ると、行きと同じ。ということは必然的に和食のチョイスしかない。で、お酒は・・・白ワインかな?行きに、シャンパンと赤ワインで失敗したからね。

071020-01.jpg

け・れ・ど・も、日本酒の純米酒があるのを、CAさんが持ってきたカーゴで見つけたら、挑戦しないわけにはいかないでしょう。

そもそも、行きにもメニューリストに大吟醸と書かれていたのは気がついていたのだけれども。あえてチョイスしなかったのは成田のラウンジで失敗をしていたから。メニューにも大吟醸としか書いてなくて、純米表示がなかったので、敬遠していたのです。

で、CAさんに効いてみると、2種類あって一方は少し辛口とか。じゃ、甘口の方を、ということで来たのは天領。

これが、おいしいのであっさりと空いてしまって、もう一本の方をお願いする。出てきたのは、伯楽星。

ま、そんな感じで飲み続けていると、もう少し飲みますか、という天女のお誘い。じゃ、遠慮なく、節操無く、もう一度天領をお願いする。やっぱり甘口志向に私に合う味。

食事は伯楽星に合わせて終わるようにして、おつまみ、ご飯とお味噌汁、シメはおそば。

おいしいお酒で、日本酒に合いそうな食事ができるのは最高。

食事が終わってから、おつまみ片手にさっき頼んだ「天領」。お酒に強くて幸せ感を感じるひと時。

さてさて、飲んだくれツアー、逃亡生活も後20分弱でお終い。
posted by esese at 16:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

白酒

ピカチュウ

パイチュウ。アルコール分52度(だそうで・・・)。

多分、こんな高度数のお酒をあれだけしこたま飲んだのは、生まれて初めて。

ご多分に漏れず、小さなグラスになみなみ注いで、テーブルをグラスでカンカンとたたく。カンペーイexclamation

2度、3度、4度・・・

7人で2瓶をあけてしまった。たいてい500mlくらいだそうだから、一人150ml相当。半分はエタノールねexclamation&question

しかし、意外だったのは日本酒の吟醸香に似た香りがしたこと。もっとエタノールエタノールしているかと思っていたのだけれども。味は・・・おいしいような気もするけど、香りと高いアルコール分でごまかされているような気もする。

でも、翌日は、全く二日酔いが残っていなかったので、きっと良いお酒だったのでしょう。
posted by esese at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃亡先

到着。まわりは、こんなかんじ。

071019-04.jpg

自販機も。

071019-01.jpg

オー、ワタシ、ナニイッテルカ、ワカラナイ、アルネ。

ほぼ同時刻に出発した別便は、何があったか30分遅れ。ということは、約1時間の待ちぼうけ。
ま、会えないなら会えないで、月曜日に「残念でしたねぇ、会えなくて。あきらめて観光してましたよ」と言っておけば良いや、なんて不謹慎な事を考えながら、待つことしばし。

時差は約1時間。時計を合わせようとするけれども、電波時計を使っているので、アナログ部分は合わせることができない、というのを初めて知った(だって買ってから海外は初めてなんだもーん)。

仕方なく、デジタル部分だけをあわせようとしたけれども、これが英文字3文字なのでどこだかよくわからない。HKGと出たところで、香港だろうと推測したら、ビンゴ。以降、時計はデジタル部分を見るようにしよう。

合流してからバスで移動。あらら?街の風景は予想していたものとは全然違う。

071019-03.jpg

まるで、アメリカ西海岸、南カリフォルニアとそっくり。だだっ広い、何もない土地にメインの幹線道路をひき、区画割りした上で、各ブロックを、商業、工業、居住、と割り振っていく。
幹線道路の広さと良い、街のつくりといい、ロサンゼルス近郊の都市と全く一緒。

071019-05.jpg

唯一の違いが、建物が高いということ。西海岸では、二階建てくらいだけれども、こちらは日本のマンションのように20階建てなんてざら。30階建て以上もあって、高さはハンパじゃない。

071019-02.jpg

土地は広いけれども、それだけ人も多く集まってきているということなのね。さすが13億人。
posted by esese at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コート・ド・ボーヌ・ビラージュ 2006 ラブレ・ロア


Cote de Beaune-Villages 2006 Laboure-Roi

フランスブルゴーニュの赤ワイン。

(確か)AOCだったので期待して飲んだところ・・・全然駄目。
酸味の強さだけが残り、味も軽い。赤ワインが嫌いになれる典型的なタイプ。

メニューには「有坂(芙美子)氏とともに、空飛ぶソムリエたちが厳選したワインを、どうぞお楽しみください」とあるけれども、シャンパン、赤ワインとも今二つ。
感覚的にはフルボトルで、800〜900円くらいの味でしかなかった。

JALさんには、また飲みたいと思うワインを機内でも提供して欲しい、と思う。
posted by esese at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャンパーニュ・ピペ・エドシェック

Champagne Piper Heidsieck

フランスシャンパン。

今ひとつ香りや味わいの広がりが無く、これがシャンパン?と思うようなもの。期待外れ。
posted by esese at 11:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機内 drunker

ラウンジで45分ほど仮眠して、搭乗。

思いがけずブランチが出るので、早速シャンパン。食事は洋食を頼んで、赤ワイン。

昼から現地でミーティングがあるというのに、結局200+180mlでハーフボトル以上は空けちゃった。

あと到着まで1時間弱。もう一眠り。
posted by esese at 11:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラウンジ drunker

さて。成田のラウンジで白ワイン1杯と大吟醸を少々。

両方とも銘柄は忘れてしまった。大吟は純米ではなかったからか?
吟醸香はあるものの、どうも人工的な香りを感じる。温度が上がっていくせいか途中でエタノール臭にがだんだん強くなって、最後はもう要らない状態。
posted by esese at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅に出ます、捜さないでください

昨日 or 今朝?会社を出たのは3時過ぎ。家について、今日の準備をして
布団に入ったのは4時半。
6時半発の列車に乗らなければならなかったので、横たわっていたのは1時間弱。
8時前には成田。

人生に疲れました。旅に出ます。捜さないでください。

なんて、言いたいくらい。

先週、今週はずっと。
先週は4時、4時、1時退社のあと、土曜日は作業日。
今週も1時、4時、2時。今日は3時すぎ。
我ながらよく持っていると思う。ほめてあげたい。
posted by esese at 07:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

やっと終わったぁ

この3ヶ月間。

本当にこの仕事には、振り回された。

8月11日に完敗し、8月25日に二連敗し、9月16日には全く終わらないと感じていて、9月21日にはパートナーも自信が無いと言い出して、先も見えなくなり。

そんな状態になりながらも、9月26日にようやく先が見えるようになり。

で、やっとのこと、三度目のトライでなんとか終わらせることができた。それでも、今日も何度か、また負けた、と思う瞬間が何度もあった。そんな中で、今日同伴してもらったスペシャリストに救われた。

現場に向かう前に見たポスター。ご利益があったかな。

071013-01.jpg
posted by esese at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

アルコール(BlogPet)

きのうはeseseとアルコールを駐車しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「Lucky!」が書きました。
posted by esese at 07:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Lucky! said ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

おにぅなカバン

ついに買っちゃった。もう一年近く買い換えたかったカバン。なかなか気に入ったものが無くて、この型だ、と思っても、色が無かったり。

ようやく在庫のあるお店を見つけて購入。

071010-01.jpg
071010-02.jpg

今度天気が良くて、お日柄の良い日におろそう。
posted by esese at 00:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

プレノ テンプラニーリョ 2006

PLENO TEMPRANILLO 2006
NAVARRA D.O.

071008-01.jpg
071008-02.jpg

大人買いをしたうちのスペインの赤ワイン。

裏面のナヴァーラ地方のラベルは立派だけれども、表面のシンプルさが「コストパフォーマンスで勝負のワインです」と物語っている。

キャップの風を切り始めようと思った時に、あれ?これ漏れてる?
2006年のワインなのに、もう漏れがあるということは、よほどコルクが甘い証拠。案の定、コルクから漏れているし、コルク抜きもするする入る。うーむ、不安。

ラベルにはライトボディと書いてあるけれども、注いだときの色はミディアムボディくらいかな、と思わせてくれる。

香りは・・・あれ?思っていたほど程度は悪くない感じ。もっと全然飲みたくない感じを想像していたら、それほどではない。もっともおいしそうな香りかというとそれは無く、非常に若いつんつんした香りがする。その中にももっと熟成すると、化けるようなほのかな香りもするけれども、きっとここまで止まりなんだろうなぁ。

味も、香りと一緒で、とても若くて平坦な味。ふくらみも無い。かすかに果実の味が遠くでするけれども、全然近づきもせず、というところ。

Webで調べると大体700円から800円程度。うーん、まぁ、確かにこれくらいの値段なら、これくらいの味かもね。
posted by esese at 00:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

ふなばしアンデルセン公園

連休中どこにも行かないのは・・・ということで、遠出して船橋のアンデルセン公園まで出かけることに。

途中のコンビニで一割引のチケットを購入しがてら、お弁当でも買っていこうと思ったのだけれども、すでに陳列棚は欠品状態。到着する以前から、良くない予感が。

世の中、マーフィーの法則どおり、良くない予感ほどよく当る。案の定、駐車場は満車に近い状態で、入り口から一番遠いのでは?と思わせるような位置まで誘導されてしまう。すでに停めてある車の量も半端じゃない。こんな状態で、園内はまともに歩くことができるのかしら?と思わせるような人を思わせる。

が、園内に入ると思ったほどではない。

西ゲートから入ってすぐに、「おとぎの国の花フェスタ」の会場があり、綺麗な花々が出迎えてくれる。

071007-02.jpg

そうか、3連休とあいまって、この「おとぎの国の花フェスタ」が10月2日から始まっている。最初の休みだからこんなににぎわっているんだ。

橋の下には70周年の花文字が。何の70周年だかわからず、後から調べたら、船橋市の市制70周年のようだ。

071007-01.jpg

最後はお決まりのアスレチック。こんなの子供の頃にやったきりだよね、と思いつつも結構楽しい。

071007-03.jpg


楽しく過ごした一日でした。
posted by esese at 23:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大吟醸純米生酒 碧い軒(へきいけん)ついに飲む

2週間前に届いた碧い軒をようやく飲むことができた。

なかなか栓が固く、開けるのに一苦労。生酒で中で酵母が生きているからそれをできるだけ保持できるようにしてあるのだろうと、好意的に解釈しながら、少しずつ開けていく。

おちょこに注ぐと、薄い黄色。活性炭による脱色処理が行われていない証拠で期待を高めさせてくれる。
香りは、フルーティーで、早く飲みたい気分がどんどん増してくる。

早速飲んでみると、さすがに純米大吟醸、備前雄町。吟醸香が口の中で広がる。感覚としては縦に広がるよりも奥行きを持って広がる感じ。

雄町を使っているためもあると思うのだけれども、少し甘口。それでも甘ったるさは無く、ほんのりと甘さを感じさせる上品な味わい。

口の中で飲み終わる頃になると、多少アルコールが舌を刺すような感じになるけれども、嫌みな感じは全く無い。

どんどん飲みたくなるのを何とか押しとどめて、残りは明日。
ちょっとくらいは、楽しみを残しとかなきゃ。
posted by esese at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

うれしかったこと(その2)

大切な方から、葉書をいただいた。

忙しい中、時間を作って書いていただけるなんて、感謝感謝。
posted by esese at 01:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うれしかったこと(その1)

久しぶりに、電車で帰ることができた。
9時前に会社を出ることができた。

とは言っても、開発プロジェクトのテストを行ってくださる方々が、新たに参画していただいたので、その方たちの歓迎会。

それでも、うれしい。
posted by esese at 01:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

下半期

今日から10月。今年の下半期が始まった。
そんな最初の日から、こんな状態なんて。

やれやれ。
posted by esese at 03:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。