2006年11月30日

琥珀エビス

ほっと一息。

もう何もかも投げ捨てて、今日は早めに切り上げる。
帰りがてら、前々から気になっていた琥珀エビスの6本パックを購入。久々に、店の空いている時間に帰ってきているというのは、うれしい。

最近気になるビールがいろいろと出てきて、ワイン消費量が減ってしまって困っている。先日もエノテカお試しパック+1本の計4本購入したばかりだというのに・・・。

ま、それはさておき、琥珀エビス。普段平日は家で飲むことも無いけれども、
今日はよく頑張った、ということで(違うような気もするけど、まあいいや)。

061130-01.jpg

口に含んだ瞬間に感じるのはエビスよりも味わいがある、ということ。いろいろな味があるけれども、でも芳醇という感じではない。どちらかというと苦味がある感じがする。

おいしいけれども、普通のエビスのほうが素直に飲めると感じかな。


さ、2本も空けてしまったことだし、明日も早いし、このままパタン、キュー、しようっと。
posted by esese at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Final Count Down

05:10 Left Office
06:30 At Home
06:45 Took a Bath
07:00 Got a Cop of Cocoa
07:05 Left Home
07:06 Started to Listen MeriKuri By BoA
08:40 At Office Now!

Wow! Forgot Shaving. Ummm...
posted by esese at 08:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

疲れている君へ

何でこんなこと、やるんだろう。
みんなで寄ってたかって言いたい放題言って。その上、みんな言うことが違うし。
もう自分じゃあ調整つけられるわけ無いじゃない。


そんなことを多分思ったりもしているんだろう。
自分もそうだった。
2年目の時には、最後にはタイピストになっていた。

うーん、もういいからみんな言いたい放題言ってよ。わたしゃ言われるがままに直すから。
えー、どうせ赤入れするなら、ワープロで打ち直してくれないかねぇ、そのままファイルくださいよ。

なんてことはさすがに一言も言えず、ただ完全にぶち切れながらタイプしていた。


でも、こういうものの効果というのは当時は全く理解できなかった。今ある程度人並みに話ができているのも、当時厳しい環境で育てタタキ上げられたからだ、とある意味感謝している。


QCDの世界で言えば、D:有限、C:∞、Q:Dに比例。つまり結局は時間しか解決しない。有限の時間の中でどこまで質を上げることができるか、それが今回のイベント。


所詮こんなものは、と思うのも自由。自分もかつてはそう思っていた。ただ、所詮、と思った時点で将来のための大きな勉強するチャンスを逃していることになっていることは忘れて欲しくない(今はわからないかも、わかりたくもないかもしれないけど)。


日々の仕事が忙しい中で、こうやって今までの自分が行ってきたことを振り返る時間がほとんど無いことは理解してもらえると思う。日々の仕事が忙しい中で、将来自分がどういったポジションで何をなすべきか、を考える時間がほとんど無いことは理解してもらえると思う。

今は、それを考える時間(or 機会)が与えられているという事実。十分な時間かどうかは別だけど。

それをうまく利用しない手は無いと思う。


大変かもしれないけれども、厳しい上司、指導員の下に付いた方が良いと思う。
凡人にはなかなか自分が経験したこと以上のことはできないもの。
厳しい経験をしていなければ、厳しく指導することもできない。すると、部下が育たない。

人は、120%の負荷が無いと成長しないのです。


今みたいに200%近い負荷がかかるのはいかがなものかと思いますけどね・・・


あと十二、三時間で終わる人、あと三十数時間で終わる人、まだ7日近くある人。みんな、みんな、頑張ろう。


それに付き合う私は・・・もう、がんばれましぇーん 【o_ _】o バタン


@officeにて
posted by esese at 02:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

議論は続くよ、いつまでも

さすがに5時帰りは辛い。
お遊びでも最近5時帰りなんてしていないのに、月曜日からやってしまったら、今週は終わってしまったも同然。

21時過ぎから一人目の対応。約3時間コース。

で二人目の対応をしようとしたら、メールだけ送りつけられていて、帰っている。えぇー?こんな出来で、しかも残された時間は無いのに帰るなんてどういう神経しているの?指導員も帰っているなんて。案の定、送りつけられたメールの添付ファイルを見ていたら、ぼろぼろ。日本語になって無いじゃないですか、これじゃあ。
カチンときたものの、帰ってしまっている人はどうしようもない。Wordの校閲機能を使って、コメントを入れまくって、指導員に、しっかり見ろ、というメールを送っておく。これで2時。

三人目はさっきまで指導員と話をしていたけれども、もう帰ったかな、さすがに。と思って執務室を除いてみると、いるいる。で、どんな状況?これは、私たちの課題じゃなくてお客さんの課題でしょ。それを解決して喜ぶのはお客さんだけど、私たちにとってのメリットは何?
結局終わった、というより切り上げたのは朝5時。


前途多難。
posted by esese at 12:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

シャトー・ル・ジョンシュー

CHATEAU LE JONCIEUX 2003
APPELLATION PREMIERES COTES DE BLAYE CONTROLEE

061126-01.jpg

久々に「当り」

コルクを抜いたときから、多くの香りが立ち上る。芳香。
口に含んでみても、多くの味わいとコクがある。酸っぱ過ぎず、タンニンも渋さも強くなく、味の調和が取れている。お勧めは14℃から18℃と書かれているが、ちょうど飲んだのは15℃位。絶妙。

最近に無く、もっと買っておけばよかったと思った1本。
でも、もう品切れです。残念。

購入先はタカムラワインハウス

posted by esese at 23:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議論は続くよ、どこまでも

なんて、のんきなことを言っていられないほど、テンパってきた。

金曜日、自社に帰って20:00から2時間、一人目の打ち合わせ。でもさすがに年次が上だけあって、君は大丈夫。まだ、メモ書き程度だけれども、要点も押さえている。

その後、同時並行で進んでいるはずの打ち合わせに電話をかけてみる。
「まだやってるのぉ?」
「やってます」
「もうそろそろ終わる?」
「まだです」
「行ったほうが良い?」
「時間があれば、気分転換ぐらいで来てください」

ふむ。とりあえず任せておいて、インタラプトの入らない時間帯、みっちりとたまったメールをガンガン処理。お客さんとのやり取りも含めて、2時間で20通弱を返したところで、頭がクラクラしてきた。

一通り終わらせて24時近くに再度電話。
「まだやってる?」
「やってます」
「もうそろそろ終わる?」
「まだです」
「じゃ行くよ」

行ってみたものの。これはさすがに厳しい。まだ論点が煮詰まっていない。それから約2時間、3人で議論。とは言っても、本人の主体性が全てなので、ヒントとなるようなことは言うけれども、結論、というか指示は言わない。


しゃべりすぎて今朝起きたらのどが痛かった。
posted by esese at 01:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

贅沢日和

珍しく発泡酒なぞ。

061123-01.jpg

これまで飲んだ発泡酒の中では、割とビールの香り、味わいに近い部類だと思う。たいてい、まったく物足りないとか、なにこの味付けは、と感じるものが多かっただけに、意外。

ただ、やはり後味はあっさりすぎだし、飲んでいてもコクが無い。


あえて買ってまで飲むかといわれると、そこまでじゃあないなぁ。
posted by esese at 00:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

似非SEが言うのもなんだが

やっぱり君たちのように、設計書からプログラムを書くだけの人たち(失礼、要件定義もやったのかもしれないけれども)には、実サービスを行う「システム」を作り上げるのは、無理だよ。

どうして、他のサーバに対してhttp通信が通らないからといって、原因の切り分けもできずに聞いてくるの?

だって、telnetでポートの80番に対して接続して、GETコマンドを発行したらちゃんと応答返ってきてるじゃない。通信はできてるじゃない。あとは、アプリの世界の話でしょ?

その言語でhttp通信を行う関数が用意されていて、それを呼んでも応答が返ってこない?知らんよ、そんなのは。その関数の実装を知ってるわけでもないのに。

wgetで取りにいっても応答が返ってこない?知らんよ、そんなのは。使い方間違えてんじゃないの。

返ってこないなら返ってこないで、どうしてデバッグモードにして調べるとか、頭使えないの?そういう発想が無いのかね?

wgetだってデバッグオプションがあるでしょが。マニュアルも見ずに使ってるのかね、君たちは。それで、問題があると人に聞くと。

小学生に勉強の仕方を聞いてきなさい!
posted by esese at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新サボール

というか、今週はとてもそんな気力が無かった。

部下と真剣に話をして遅く帰ってくると、さすがに「もういいや、疲れたから早く寝よ」という気分のほうが勝っていた。


やっぱり、睡眠第一。
posted by esese at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

冬物語

ワインはお休みの週。ちょっと前から気になっていたビールに手を出してみる。

061119-04.jpg

やわらかくて、まろやかな味わい。さっぱりという感じとも違う。

基本的には、芳香で、芳醇な味わいが好きだけれども、こういった味わいもGOOD!


サイトの「CMの裏話」は楽しめました。ふふふ、いいなぁ。
posted by esese at 01:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調律

ピアノを持ってきてから約半年。そろそろ安定してきた頃だろう、ということで調律を頼むことに。

夕方5時半近くに調律の方がみえる。手際よく、ピアノの外板を外していく。

外された外板たち
061119-02.jpg

昔実家にいた頃に、調律をしてもらうのを見た記憶があるが、何せずいぶん昔のこと。今回しっかりと見て、ちょっと記録にも残しておこう。

外板が外れたら、今度は片っ端から鍵盤を外していく。一通り外れたところで掃除機をかけて、逆にはめていく。

061119-01.jpg

で、調律開始な訳だが、ピアノにはたいてい調律した記録のカードが入っているらしい。それを見せてくれて「ずいぶんと間隔が開いているようですが、途中で調律してませんか?」と聞かれる。どれどれ、と見ると昭和のこれまた昔の年号が書いてある。あれま。

話を聞くとどうやら間には調律をしていないらしい。
「普通は1年間くらいでするものですけど、あんまり長い間開いてると、調律に時間がかかるんですよね」ということで、今回の調律は90分コース(ただ、他の方のブログを見ていると、もっと時間がかかっているようだ。大丈夫か、90分で?)。

調律途中の状態
061119-03.jpg

終わってからいろいろと話をしてみると、
・ピアノは低音では弦が1本、通常使うレンジでは2本、高音部では3本張ってあります。高音部でこれまで音がきれいに鳴っていなかったというのは、この3本がうまく張られていなかったのでしょう
・ヤマハとかカワイのピアノは作りが良くできている。20年、30年たっていても、これくらいの調律ですむけど、二流、三流メーカーだとこうはいかない
・ピアノの寿命は60年くらいと言われている。このピアノはまだまだ半分といったところですよ
という話を聞かせてもらった。


さて、来年からはちゃんと調律をすることにしよう。このピアノもまだ半生しか送っていないようだから。







posted by esese at 01:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お掃除

小雨交じりの中、朝から自治会の掃除。

班長さんの自宅に行き、ゴミ袋と軍手をもらって落ちているごみ拾いの開始。

こうやって見ると、自然界には白色の物って存在しないものなのね。白っぽいものはその全てが人の手によるごみだと思っても間違いない。中でも一番多いのは、タバコのフィルター。タバコの巻紙はある程度分解されているけれども、フィルターはほとんど原形を残している。

世の中のスモーカー諸氏、もっともっとマナーを守ってもらいたいものです。


posted by esese at 01:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

学校のお祭り

朝から子供の学校のお祭りに参加。とはいっても、見てまわっているだけ、だけど。

子供たちも自分たちの発表と他のクラスの出し物を見てまわることで、ずいぶんと楽しそうだ。

061118-02.jpg



ま、君たちはいいわね。授業じゃなくて半分お遊びのような一日を過ごして、月曜日が代休になるんだから。あぁ〜、月曜日、代休取りたぁ〜い。
posted by esese at 02:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

復活・・・したのか?

ただハイテンションになっていただけなのか。

木曜の夜には「もうダメポ」の状態だったのに、ろくに睡眠時間も取れていないはずなのに、なぜか金曜日の朝には元気に。

おかしい。熱があって、関節が痛くて、会社に行けなくなっているはずだったのに・・・。

木曜日からの補給が効いてきているのかしら?
061118-01.jpg


結局、夜は20:30から3時間近く部下と話をして、そのまま「飯にでもイコカ(by JR西日本)」
posted by esese at 13:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトを異動した君へ

よく知っているプロジェクトに、君が異動になったことを聞いたよ。

新人の頃から知っているけど、これまで実案件にどっぷりと浸かることは無かったはずだよね。はたから見ていて非常に残念だと思っていた。君のポテンシャルがなかなか発揮されていないし、若いうちに大きいプロジェクトの中で下積み経験を積むことは非常に大事なことだと思うから。

今度のプロジェクトはとても厳しい現場だよ。これまで経験をしたことがないほど大きなプロジェクトだし、短工期だし、関係者は多いし。あまりにも大きすぎて本当に歯車の一つにしか感じないかもしれない。なんのために、こんなことをやってるんだろうって。自分の位置づけは何なんだろうって。

プロジェクトで要求される業務知識だって君は持ち合わせていないから、相当頑張らないと立ち上がりが厳しいと思う。プロジェクトの途中からの異動なので、周りとのギャップも大きいし。

ただ、そういった中でも忘れて欲しくないのが、自分のいる場所からだけではなく、もう一つ上の場所の視点から自分のいる場所をみてもらいたい。

プロジェクト内での、自分のポジション、役割、重要性を認識して、かつ自分のキャリアパス内でのこのプロジェクトでの自分のミッションの位置づけを認識して欲しい。

君の動き方を多少なりとも知っているから、多分大丈夫だと思う。言われなくたってできていると思う。
それでも・・・、プロジェクトを知っているだけに、一抹の不安が残る。


機会があれば執務室に立ち寄るようにするよ。君が頑張ってる姿を見たいから。
posted by esese at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

そろそろまずいかも

体調が昨日あたりから良くない。

今は結構気力で持っている気がするけど、この土日あたりで気が抜けるとまずい、という予感がしている。

昨日あたりから体のあちこちで痛みを感じる。発熱すると関節が痛くなる感じに似ている。


こんな状態にも関わらず、昨日は「飯でも行く?」とか「明日ご都合は?」なんて聞いてる私はやっぱりおばか。
posted by esese at 01:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一進一退

昨日は仕事ができた、と思ったけれども、今日は(も?)朝から会議の連続。

10:00-10:30 定例会議
11:00-12:00 定例会議
12:00-13:00 定例会議
14:00-15:00 会議
15:00-15:30 部下との打ち合わせ
16:00-17:00 会議
17:00-17:30 打ち合わせ
17:30-18:15 会議
18:00-19:00 の会議はブッキングしたのでキャンセル
19:00-21:15 会議

救いなのは、同じテーマではないこと。8時間以上も同じような内容で会議をする気力は・・・ありません。というか、そんなにもたない。

posted by esese at 01:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

オリオン

会議が1件だけと、久々に仕事に集中した。

ある程度切りをつけて早めに帰ることにした。東京では一時期激しい雨だったけれども、自宅の最寄り駅に着いたときには、雨が降った気配も無い。

自宅までの道すがら、空を仰ぐと冬の星座、オリオンがくっきりと出ている。

もう、そんな季節なんだなぁ

posted by esese at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害対応

朝から障害対応。Firewallが待機系に切り替わっているらしい。

え、なんで?どこどういう形で切り分ける?
なんてことをやってると別の電話が来る。

電話Webの画面が見えないし、FTPが通らないんですけどぉ。

ふらふらえー、そんなん知らんよ。何も私はやっちゃいない。
とはいえ、半分苦情承り係のような位置づけで対応を開始。

Firewallの件は君に任せたからね。なにせ、こっちでわかるのは、今他に誰もいないから。
と言って人に振る。

で?何がどうなってるの?80番は見えないけど、443は通ってる?じゃ、Apache じゃないよね。はぁ?内部から外部へのFTPも通らないって?
それ負荷分散装置かFirewalのルールが飛んでないかぃ?

電話もしもぉし、負荷分散装置とFirewalみてくれなぃ?どこかでパケット落としてるログ出てない?はぁ?負荷分散装置から見たらApacheダウンしてるって、何で?index.htmlが無いんじゃないかって?

ちっ(怒った顔)うー、思い直せば、この時点で気づくべきだった。

telnet で入って、と。見えないサーバへ telnet の80番を叩いて、と。あら?返ってくるじゃない、403だけど。でこれはApacheのログに・・・?え、このログじゃないとすると、どこ?ん?何でこのログのここに書き込まれているわけ?んー、わからん。

電話もしもぉし、Apache生きてるんだけどさぁ、何で負荷分散装置から見たらダウンなのよ?え?生死判定でhttpのポートを見てる?あ、そゆことexclamation&question403で返ってるから死んでるとみなしてるのね。はぁ?FTPが通らないのもそれだって?なんでょ、中から外でしょ。はぁあぁ?生死判定でNGの時には、FTPのアドレス変換もしないって?

がっくし _| ̄|○
httpとFTPを同じ生死判定で見るというのもなぁ・・・

と思っているうちに携帯が鳴る。

携帯電話Apacheのコンフィグを直したんで、今は直ったはずです、確認お願いしまーす。

確かに直ってるねぇ。403で戻らないようにしたのね。
頼むよ、私のやりたかった仕事の時間を返してちょーだい。


おかげでお昼ご飯は17:00
posted by esese at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

やさしさ

君からのメールの返信をもらった時に、君はやっぱり優しい人だと思った。思いやりのある人だと。口ではいろいろ言いながら、態度では厳しいものを見せながら、でもそうやって何とか救おうとしている。

自分に取っては、2度目の完全にNG出しをした人には、そこまでは心を広く持つことができない。仕事上の単なるチョンボならともかく、社会人としてそこまでNGをさらしてくれる人をかばい立てできない。

多分、人として信じられない、という思いのほうが強いのだろうね。


ただ、本当なら、仕事でやっている以上、評価は別として、人としてばっさり切ってしまっては駄目なんだろう。感情に流されている部分はNGなんだろうな。

感情を入れずに、結果が出せない人は、評価として、ロジカルに評価をする。本来はそんな行動が求められている、はず。



まだまだ修行が必要
posted by esese at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

衣替え

一番好きな季節は、ということで夏向けの背景を使ってきたけれども、シーズン外れなので変えてみた。

本当はレイアウトは今までどおり本文左にしたかったけれども、きれいに出ないので止むを得ず本文右に。

背景があまりにもオレンジオレンジしているので、遠目から見ると某ミクっぽく見えてしまうかもしれないのがやや難かな。


こうやって見ると、去年の今頃は忙しくなってブログも書いていない。ブログというものを書き始めて、そのあと熱が冷めたのもあったけれども。

ただ、去年と今年で違っているのは、刺激を与えてくれる人がたくさんいること。いろいろな意味で感謝をすることが多い。かなりメンタル面では紆余曲折があったけれども、それをリセットに近い状態まで持っていくことができているのは事実。

そんな刺激を受けたあれこれを、少しでも言葉として残して、自らを振り返る or 戒めるヒントとしていきたい。
posted by esese at 00:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

七五三

数えなら本当は去年行くはずだけれども、それどころではなかった。
お祝い事なのでちゃんとしてあげなきゃね。

昨日の雨も止んで絶好の日和、というには程遠い風の冷たい日だったけれども、最寄の神社へお参り。

神社、といっても普段は神主さんもいない無人の社。お参りのオンシーズン、七五三のある11月や年末年始、は神主さんが常駐してくれる。

さすがに混んでいるかな、と思いきや、行ったときには他のお参りの人はゼロ。待ち時間無しで、即一組だけでご祈祷をあげてもらうことに。

小さな社だけにあまり人が来なくて、十把一からげのご祈祷と違うのがいいところ。以前、少し遠いけれども著名なところへ行ったことがあるけれども、人が多いので、ご祈祷も十人分くらいまとめて執り行われる。うっかり気をそらしたら、どこで名前が読み上げられたのかもわからなくなってしまうくらいなので、それ以来行っていない。

太鼓が叩かれて、祝詞があげられて、お祓いをしてもらい、玉串をささげてお終い。参拝記念のお守りと千歳あめをもらい、甘酒をいただいて帰ってきた。

061112-01.jpg

自宅で子供に名前が呼ばれたのわかった?と聞くと、2回呼ばれた、ときちんとわかっていた。さすがに一組だけのご祈祷。


posted by esese at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

11時間

5時就寝、16時起床。
posted by esese at 21:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

会議会議会議

10:00-10:30 定例会議
11:00-12:00 定例会議
12:00-13:00 定例会議
14:00-15:00 会議
16:00-17:00 定例会議
19:30-20:30 会議
20:30-22:00 会議

そりゃ、自分で資料作ったりしなくて、会議に出るだけの人はいいけどさ。
こんなんでまともな仕事できるわけ無いじゃん。
QCDで考えれば、Qを落とすしかないけど、落とせば落としたでまたクレームだしな。


と、愚痴の一つも言いたくなる。前向きに考えるにも限界はあるわなぁ。
posted by esese at 01:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ビタミンC・C・C

どうも月曜日の夜から体調が悪い。

エアコン直下の風が当たる所で、遅くまで居残っていたのが効いたっぽい。

昨日から早速ビタミンCのオンパレード。

CCレモン
シーズケース マルチビタミン
のど飴
その他もろもろ

職場の机の上はビタミンCだらけ。
この二日間でレモン50個分は取得したかな。


でも、そんなことよりも、何よりもいいのは体あっためて早く寝ること。
posted by esese at 00:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

お土産

午前中までは余裕があるつもりだった、のが失敗の始まりだったのかもしれない。

午後からは、怒涛のごとくタスクが発生して、収拾がつかなくなる始末。

相当ブルーな気分で自社に戻って、ここでも山のようにあるタスクを片付け始めていた。一区切りついた後、ふとロッカーを見ると自分宛の郵便が届いている。



こんな気分が滅入りかけの時に、思いがけない人から、思いがけないお土産が届くと、感涙。

ありがとう。
posted by esese at 03:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

シャトー ジョワナン 2004

Chateau Joinin 2004
Appellation Bordeaux Controlee

061105-01.jpg

ラベルにはミディアムと書かれている。コルクを抜いて香りを確かめると、非常に微妙な感じ。少し鼻に来る感じがして、期待薄。
パリ農業コンクールで金賞受賞ということなのに。

グラスに注ぐと、とてもきれいな深紅色。見た目だけでは、昨日のシャトー オー バブッフよりもフルボディっぽく見える。

味わいは・・・相当タンニンの渋みが来る。どうも好きになれない味だ。しばらく開けておいたら、多少口当たりは柔らかくなったものの、残念


お勧めはしませんが・・・購入先はタカムラワインハウス
シャトー・ジョワナン[2004](赤ワイン)
posted by esese at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お祭り

去年と同様、子供が太鼓をたたくのでお祭り会場へ

先に下がたたき、まあまぁ、こんなできかな、というところ。
上がたたいたときには、一番おちびさんながらも、それなりに格好良く演奏(?)できていた。

去年とは違って、今年は天気も良かったせいか人出が多かった。
061105-02.jpg
posted by esese at 01:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

シャトー オー バブッフ 2003

Chateau Haut-Baboeuf 2003
Appellation Premieres Cotes de Blaye Controlee

061104-08.jpg

ラベルにフルボディと書かれていたので、ひさしぶり味わうフルボディと期待してコルクを抜く。うーん、フルボディらしいいい香り。
マコンワインコンクールで金賞受賞ということなので、味も期待できそう。

グラスに注ぐと、思っていたよりは少し薄めの色。

さて、味わいは・・・喉の奥で感じるように飲むとタンニンの渋みがかなり来るけれども、口の中全体で味わっている分には割りと平坦な感じ。もう少し香りが口の中で広がるかと期待していたけれども、それほどでもない。かといって、おいしくないワイン、ということではない。癖が無く、いくらでも飲めてしまうワイン。


購入先はタカムラワインハウス
シャトー・オー・バブッフ[2003](赤ワイン)
posted by esese at 01:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンク

旧古河庭園に着いてパーキングに車を入れた後、何気なく左の後輪を見たときに、あれ?空気抜けてないかぃ?

よぉーくみると釘が刺さっている。ずいぶん長い間車に乗ってきたけれども、パンクに出会ったのはこれが初めて。

散策が終わったあと、トヨタ東京カローラ店で修理。割引が効いて¥2363。

想定外の出費。
posted by esese at 00:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。