2006年08月31日

飲みそびれた・・・

ずっと前からのセッティングの飲み会。

19:00開始と久々に早くから参加する飲み会で、直前の18:00からの会議も短めに終わる予定、心置きなく、のはずだったのに・・・。

火曜日の段階の会議で資料の駄目出しが入り、「じゃあ、木曜日の夜20:30から、も一回やろっか」って、えぇっーそりゃないでしょーぅがく〜(落胆した顔)、と心の叫びをあげたのでした。

結局予定通り、18:00からの会議は短めに終わったものの、別件打ち合わせの結果ヒアリング、週次(どうして人名しか出てこないの?)報告のヒアリングをしていたら、お店に着いたのは19:30。すでに半分出来上がっている人がちらほら。

20:15まで出てきた料理とウーロン茶のみで過ごして、わびしく店を後に。

打ち合わせも1時間以上あって終わったのは22:00近く。

こんな日は、誰か捕まえて、とでも思ったけど、ちょっと心折れ気味だったので切り上げて帰ってきました。


さ、自分の週次報告書でも作るかな、こんな時間からもうやだ〜(悲しい顔)

posted by esese at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

はっぴぃばーすでぃ

おめでとう。

これで君の事を「お姉さん」と呼ぶ権利を僕は得たって事だね。
posted by esese at 23:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モチベーション(その3)

会議の場での、お客さんの発言。

「そっかー、やらなくていいのか。うれしぃ!最近いいことが無かったからさぁ、ちっちゃなことでもうれしぃんだょ」

あれ、これって、既視感(既聴感)?


みんな、大変だね、この業界は。
posted by esese at 23:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CGI

久しぶりにCGIをいじっていたけれども、どうもうまくいかない。ハマってしまった。

カウンタ+αのCGIを導入しようとして、CGIのソースコードを持ってきたのはいいけれども、パーミッション、perlのパスを合わせても、"Premature end of script headers" の嵐。

昔はこんなの山のように見てたけど、すぐに直せたのになぁ・・・。

やっぱり telnet でログインできない環境だと不便不便。

ローカルの cygwin でデバッグしようと思ったけど、apacheは入っていないわ、perlも入ってないわ、で断念。

頭冷やして考えよう。
posted by esese at 02:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

モチベーション、の続き

スケジュールを確認。あ、バナー予定(いつからいつまで、っての)の終わりが8月31日になってる。直さなきゃ。9月30日にして、登録する、っと。

ほとんど一人状態で長期間客先常駐してるのは、モチベーション下げるよねぇ・・・。


はっ!

だから、この数ヶ月飲みに行きたいモード全開なのか!?


シャナイニイテモ、イッショデショ。シカモ、キノウト、オナジオワリカタ、カィ!

ばれた?
posted by esese at 12:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モチベーションと単細胞?

発車待ちの終電の中から。

月曜日から終電は・・・一週間が長くなるのよねぇ。特に朝が早いから、普段の日に比べても会社にいる時間が長いし。

超過勤務を続けることにより、モチベーションは簡単に失われる、という話を聞いたことがある。ま、そりゃそうだ。でも、耐性は結構あると思うんだけどなぁ(という第三者評価が多い、いや多すぎる!)。


はっ!

だから、小さなことでもいいことがあると、とーってもうれしく感じることが多いのか!?

ヨロコブベキカ、カナシムベキカ・・・
posted by esese at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

♪きみの元気は僕の元気さ ファイト!

今日、とある雑誌で君の満面の笑みを見た。んー、この間会った時の顔とは全然違うよね、別人かと思ったよ。

やっぱり、君の魅力はその笑顔で一段と引き出されるね。再認識したよ。
posted by esese at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ

いまだに11本も横になっている我が家のワインセラー。いえ、単なる階段下の押入れに突っ込んであるだけですけど・・・。

そんな中から適当にチョイスして、先週ぐらいからずっと冷蔵庫に入れっぱなしだったスパークリングをこの週末で空けました。

060828-01.jpg

ワイヤーを外して、コルクを飛ばさないように開けて・・・あれ?コルクが赤いって、赤のスパークリング?
思わず発注したときの内容を確認したら、確かに赤のスパークリング。完全に忘れていました。

初めての赤のスパークリング体験でしたが、これは非常にやばい。普通に飲んだら、発泡ぶどうジュース。際限なく飲めそうで危険な雰囲気全開。白ほど甘みは無く、かといって妙な辛口でもなく、ぶどう本来の味が楽しめました。

再発注をしてみようかな、と久しぶりに思った一本です。


買ったのはこちらの3本セット。
【送料無料セット】爽やか☆スパークリングワイン3本セット

単品ならこちら。
NEW! [2004]コンチェルト・ランブルスコ《メディチ・エルメーテ》
posted by esese at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

メールで元気をくれる人

夏期休暇明けの辛い1週間。飲み会のセッティングをしていたが、一連のやり取りのメールの中で元気をたくさんもらうことができた。


その1。夏期休暇中にもらったメール
-------
毎日お忙しいことと思いますが、
お時間が合えば、飲みに行きましょう。
======
その2。飲みに行こう、店は選んでおく、というメールへの返信
-------
> お店を適当にチョイスしておきましょう。
わーーーい、うれしいです。
======
その3。飲み会の予定をこれから3件入れないといけないけど、最優先にするよ、というメールへの返信
-------
人気者なんですね。そうですよね・・・、私も
せっかくこっちに来たからには、一緒に飲みたかったですもの。
======
その4。休み明けの初日のメール
-------
今週いかがですか?
でも無理しないでくださいね。ホントに。
大切なのは「いつ飲むか」より「誰と飲むか」ですから。
======
その5。25日に日程を確定させたメールへの返信
-------
わーい。私はなんとラッキーなんでしょう。 o(^^)o
25日OKです。
======
その6。週半ばのメール
-------
週末を楽しみに仕事中です。 (^^)


メールを送ってくれた人の天性なのか、年次が上の私に対する気配りなのか、いずれにせよ自分の中でも週末に向けて頑張ろうという気分になれたことは確かなこと。

こんな元気を自分はメールベースで人に与えることができているのだろうか。
もっと人に感動を与えられるように自分を磨こう。


と、数日前にも同じようなことを書いたような気が・・・
posted by esese at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

Welcome会

5月下旬くらいから7月上旬くらいまで、仕事でご一緒させてもらったメンバーとの久々の再会。

東京から一度は地方へ戻ったけれども、また東京に来ているということでWelcome会、という名目で飲み会企画を実施。

みんな仕事で忙しい人たちばかりだから、20:40始まりにして、待たせちゃいけない、ということで20:30少し前に到着。お店に予約を入れたときには、20:30まで先客がいるから、片付けに10分くらい待っていて欲しい、と言われていたものの、どうやら早めに通してもらえそうな雰囲気。ラッキー!

程なくして、今日の主賓の登場。「お久しぶりでーす」「お元気そうで」「元気だけがとりえですからぁ」「またまたぁ」

席に通されて、話をしているうちに3人目登場。4人目は遅れるから、と聞いていたので、はじめようとしていた矢先に、メンバー全員集合!定刻20:40ぴったし。

楽しく飲んで、楽しく話して2時間。

お店を追い出された後は、歌に熱中して4人で5時間。いやぁー歌った歌った。

久しぶりに無茶苦茶楽しい夜でした。
posted by esese at 23:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

職場復帰2日目終了

まだまだ休み中の残件を片付けるので必死。自ら、主体的に仕事を回して行くという状況にはなっていない。こちらからドライブをかけるようにしなくては。

ただそれでも、昨日の打合せで今後の仕事の進め方の方針について1件片づけ、関係者間の調整打合せを2件パラで進め、休み前からの引きずっていた懸案はクローズさせ、と少しずつながら進捗感があることだけが救いかな。
posted by esese at 12:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

ブログの魔力 (by日経)

21日の日経朝刊1面に載っていた記事。

『「独り暮らしでも社会とつながっている」気がする』
『孤独な現代人が社会との接点を探り、自分の存在を再確認する』
『「誰かとつながっていたいという人間の欲求を手軽にかなえてくれる道具がネット」という』
『「ミク中(ミクシィ中毒)」と呼ばれる”依存症”が静かに増殖していく』

やっぱり理解しかねる気がするのはなぜだろう。

もう、家族があり、独りではないから、なのか。
それとも、所詮広く浅いつながりなど何の意味も無い、とかつていじめられっ子だった記憶がささやいているから、なのか。

そんなに独りでいることは孤独なのか?
リアルな生活以上に、誰かとつながっていないと生きていけないのか?

確かに道具としてのネットは、空間を越えるための手段としては有効だと思う。かつてを振り返れば、パソコン通信が流行った頃、ハマりすぎて「電話代地獄」、やがて「テレホーダイ天国」という言葉もあった。Niftyのフォーラムや草の根BBSが全盛だった。ただ、当時はそれまで実現不可能だったことができるようになったため、みんなが夢中になった感がある。

当時から10年以上の歳月がたち、いわゆる技術的には独立したBBSサーバとの直接接続が、TCP/IPベースのネットワーク接続になったものの、その上で実現されていることには、大差が無いように思える(少なくとも今までできていなかったことができるようになった、というほどの目新しさは無いと思う)。

『mixiに「疲れた」と書き込みをし、「大変だったね」の返事に心が和む』というのと、かつてのチャットルームに「入りまーす」「落ちまーす」と書いていたのとそんなに差があるのだろうか。

ずいぶん前から同じようなことが実現できているのに、敢えて今そんなに多くの人がはまっていくという理由がよくわからない。しかも、(mixiの中で)個人情報をあれだけオープンにするなんて。


なんてことを言っていること自体、若者の心を失ってるということかしら?

posted by esese at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

元気を与えてくれる人

朝一瞬の横顔。1秒か、2秒もない。

視線も絡まず、会話も無い。

それでも、たったそれだけでも、今日一日を頑張ろう、という気分になれた。


たとえ、昨日の昼飯がPerfect Plusだけだったとしても。
たとえ、昨日の夕飯が飲み会に行けずにおにぎり1個だけだったとしても。
たとえ、昨日の睡眠時間が3時間だけだったとしても。


そんな元気を自分は人に与えることができているのか。
もっと自分を磨こう。

posted by esese at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレゼン資料で人に伝えるということ

自分の考えていることを文章としてまとめ、プレゼン資料として整理し、発表して伝えること。文字にすればただそれだけのことなのに、難しい。年々、文明の利器、ワープロ(という言葉自体もう死語になりかかっている。今ではPC、かな)が普及する中、手書きをして十分に推敲する作業がどんどん少なくなって、しっかり、じっくり考えるということが無くなりつつあると思う。

一年前同様、今年も2年生の作文、プレゼン資料を見る機会があった。が、ひどいもの。作る方も作る方だが、中身を見てくれている人がいるはずでしょ。何をどう見ているのかしら?残念だけど、周りがとやかく言いすぎて、2年生は完全に飽和状態になっている。自分も当時を振り返れば、「とやかく言うなら、文章に赤入れをして完成版を持ってきてくれぃ!」と半分(全部?)切れていたから、気持ちはわかるけれども、そういったところを見るべき人がフォローをしなくてはいけないはず。2年生にとって、もっと本当に言いたいことは何だったのかを整理させ、主張しやすい形にもっていってあげないといけないはずなのに。見る側も十分にフォローができていない。

2年生にとっては、一つの訓練の場としてきついけれども頑張って欲しいと思う。実業務を担当するようになってから、しっかりと振り返る機会は無かったはずだし、将来もそんなことができる機会はほとんど無い。他人からの意見を嫌になるほど聞くこと、その中で自分の意見、意思を主張すること、数多くの意見の中から自分が十分に納得し人に説明できる意見を選ぶこと、またこれらを1〜2週間の間に集中的に行うこと。一般的には短工期の開発が多くなる中、こういった訓練の場を持つことは非常に難しく、こういったことができるこをチャンスと考えて欲しいと思う。
また、逆にいうと、これを乗り越えられなければ、次のステップはない。

将来の一線を担う若者たち、頑張れ。そして早く成長して、我々の層を楽させておくれ ^^;
posted by esese at 03:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

気遣い

1週間(以上)の業務逃避行からの復帰。

朝っぱなから昼一番の資料作成と、たまったメールへの返信に取り掛かる。

そこへ一通のメールの返信が来た。
『おかえりなさいです。久しぶりの出勤に仕事もたまってお忙しいことと思います。』

本当は昨日出そうと思えば出せたはず。それをあえて今日送ってくる心配り。こんな気の使い方ができるようになりたいものです。

(ホントウハ、キノウイソガシクテ、メールガダセナカッタダケ、トシテモ)
posted by esese at 19:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非SEの本職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

写真アップ!

このところ、何日か分の写真のアップロード完了!
posted by esese at 18:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メダカの水槽

合計で11匹のメダカ。1匹当り1リットル程度の水が要るらしい。

多分メダカなんかはバケツに水を張って、水草を突っ込んで庭に置いておいても大丈夫だろうと思いながらも、一応メダカセットなるものを購入手続き。

こんなの。
 テトラ テトラ おさかな飼育セット PL―32◆(保証印)

テトラという会社のホームページを見ると約10リットルの容量があるということなので、とりあえずこれでよいでしょ。

posted by esese at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

日本沈没

おとといから読み始めていた日本沈没を読了。

1973年に書かれたものとは思えないほど、緻密なデータに裏打ちされ、真に迫ってくる。
前回の首都消失同様、国電、ソ連など、当時の時代背景をベースとしており、今となっては古臭いものがあるのは否めないが、いろいろと考えることが多かった。

最初に読んだのは14歳、中3。家族と言えば自分の親と妹。好きな子はいたものの、両想いでもなく、単なる友達の一人に過ぎず、守るものは何も無いに等しい状態だった。ひるがえって、今の状況は、自分の家族として自分が守るべきものがある。

作中で戦中戦後を生き抜いてきた中年のおじさんが語るシーンがある。
苦労を積み重ね、やりたいことを我慢し、結婚、出産、育児、持家取得、ローン返済、そして完済。「やっとゆたかにととのってきた暮らし」が、国土もろとも崩壊し、見知らぬ土地で難民バラックやテントの中の、狭苦しいあてがいぶちの生活が始まるのか。
中3のころにはきっとなんとも思わずに読み飛ばしていたような内容だけれども、今となっては非常に身につまされる。自分自身はいわゆる「戦争を知らない子供たち」の世代で、戦中の食糧危機などとはおよそ無縁の生活を送ってきた。子供もいて、ローンこそ完済していないものの、生活が本当に苦しかった記憶は無い。このおじさんのように苦労をしていないものの、今日本という国土の上で生活できなくなるとしたら、相当悩み苦しむだろう。国土が沈むということまで行かないとしても、大地震が来たら・・・。だが同時におじさんはこうも語っている。
『・・・いいかげん疲れた。だが、おれは、まだがんばるぞ。おれは、あの子供たちの父親だ。あの妻の夫だ。おれは「男」だ。壮者だ』
きっと、自分も同じように考えるのだろう。

小野寺という主人公(の一人)がこう言っている。
『疲労がかたい甲羅をつくってしまっては・・・筋肉も魂も、柔軟さとみずみずしさを失ってかたくなり、年をとってしまう。すさんだ心を、すさんだと感じることができないほど風化し、冷酷になり・・・。』
痛いほどわかるこの気持ち。ついこの間まで従事していたプロジェクトでは、自分自身がこんな状況だったから。沈み行く大地から人を救出する、程の困難なプロジェクトではないものの、精一杯、やれるだけのことはやってもやっても発生する新しい課題。間違いなく、がちがちに硬くなっていたはず。そうね、だから年も取ってしまうのでしょう。
小野寺はこの気持ちを玲子という女性と再会して悟るのだけれども、こういう状況になっている時に、どこか気持ちだけでも支えとなってくれる人がいることは大事なこと。そういう人を持たなきゃ。

日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1
小松 左京
4094080651

日本沈没 下 小学館文庫 こ 11-2
小松 左京
409408066X

posted by esese at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同期会

「ひっさしぶりー、変わってないねぇ」「おみゃーこそかわっとらへんがや」「あー会いたかったよぉー」
昨日の大学の部活の同期連中との飲み会。ほぼ10年以上ぶり。こんな稼業のせいで、人が休みを取れるGW、お盆、年末年始は定期メンテが入ることが多く、なかなか会う機会が無かった(そういえば、ちょうど1年前のブログだとやっぱり定期メンテをやってる)。結局平日ということもあって集まることができたのは合計で4人。

学校の先生、塾の先生、世界を股にかける自動車営業マン、みんな頑張ってるよね。いい顔してる。なかでもKさん、学生のころにはぜーんぜんそんな感じは無かったけど(失礼!)、昨日会った時には、あか抜けたというか、さっぱりしたというか、素敵な女性に雰囲気を漂わせていました。帰りの電車の時間さえ気にしなければ、もっともっと話をしていたかったけど、やむなく11時過ぎで散会。残念。

次回は海外赴任者が帰国する9月15日。さすがに金曜日は仕事をぶっちぎらないと無理っぽいなぁ・・・
posted by esese at 11:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はろぅきてぃー

最近はやりということは聞いていたが、なぜに今頃また、といった感が拭えない。

ま、ともあれ、刈谷PAでハローキティのご当地版を数多く見た。曰く、きしめん、エビふりゃー、天むす、ういろ、ひつまぶし、蒲郡みかん、名古屋コーチン。

なかでもびっくりなのは、プリクラ用背景と思われる巨大シート。名古屋城、JRセントラルタワーズ、テレビ塔を背景としてキティーが天むすを抱えている。そりゃ確かに限定一品でしょうけど、そんな刈谷PAごときで100万円で売りに出していても、売れないでしょ。

060819-01.jpg
060819-02.jpg
posted by esese at 10:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刈谷PA

午前中から最寄の刈谷PAへ。そりゃあ、どこだがね?と聞かれても、知らへんかった。

東名高速を東京から名古屋方面に向かって、豊田JCTを伊勢湾岸自動車道=第2東名西向きに5、6分の位置。とは言っても、今日は刈谷方面から下道で。途中迷いそうになったけんど、観覧車を目印にしてGOGO!

刈谷PAは高速道のPAとして存在するけんど、下道からも入れて、今となっては半分観光名所になってまっとるがね。

なんでも女性用トイレがすごくて、ちょーご〜かだとか。PAでもらったパンフにも『テレビや雑誌などにも取り上げられた「デラックストイレ」(通称「デラトレ」)。女性用トイレにはソファーセットがあり、ゆっくりとくつろげる空間になっています』と書いてある。デラトレってなんやねん、トイレでゆっくりくつろぐってほら大のときくらいだらーがね、という突っ込みどころ満載はさておき。ほらまぁ、一遍見に行かにゃ、っちゅことで、行ってきたがね(わしゃー入っとらせんよ、念のために言っとくけんど。隣のえびせんの里で試食用をバリバリしとったがね)。

まー、携帯で何枚か写真を撮ってきたけんど、今アップできせんのが残念だがね。一体いくら無駄遣いしただかねぇ、と言いたいくらいのごーかさだがね。絨毯は敷いてあるわ、世界のタイルが宝石の展示の如く並んどるわ、ってトイレでタイル見てそんなに喜ぶ人はおらへんと思うだけどねぇ・・・

遅ればせながら、携帯で取ってきた写真のアップだわ。

トイレの真ん中のソファーセット
060818-01.jpg

個室はこんな感じ。奥の絵が部屋ごとに違うんだわ
060818-02.jpg

タイルの展示
060818-03.jpg

ここどこ、と思うような通路
060818-04.jpg


ちなみに子供たちは一周12分クーラー付きの観覧車におじじ様とご一緒してご満悦でしたとさ。
060818-05.jpg
posted by esese at 01:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

ザ・プレミアム・モルツ

このところ、日曜日から昨日までヱビスを飲みまくっていたので、今日当たりは別銘柄にしようと、イオンへ。

最近あちこちでよく聞くザ・プレミアム・モルツとプライムタイムと迷った結果、今日はモルツ、明後日はプライムにしようと決定。売り場をあさりまくって、モルツの350ml6本パック7月中旬製造品を購入。

060817-01.jpg

こちらは6本パックについてきたおつまみ入れ
060817-02.jpg

2005年、2006年と2年連続でモンドセレクションの最高金賞受賞というふれこみだけあって興味津々。欧州産アロマホップを2倍(当社比)、粒選り麦芽を1.2倍(当社比)使って、天然水仕込みと読めば読むほど飲みたくなる。

早速風呂上りに飲んでみると・・・あれ?これだけ?
確かに飲み味は良いし、後味も変に残るものはないし、ドライ系の妙な切れ味(どうも好きになれない)は無いものの、もう少し芳醇さ、味のコク、香りが少ない感じがした。強いて言えば、万人向きの上質、清楚なビール。

ちょっと残念。

(明日のチョイスが無いのは、すでに飲み会がセットされてるから ^_^; )
posted by esese at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒お酒お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

めだか

そんな予定じゃなかったんだけど・・・

今日の昼過ぎに親戚からの情報として、18:00から夏祭りがあって、金魚すくいとめだかすくいがあるとのこと。

実は、上の子供が学校でめだかの飼育実習があり、最終的に自宅に持って帰ってきたのだが、メス1匹だけでオスが欲しい欲しいとねだられていた。最近毎日のようにメスが卵を産んでいるものの、受精卵ではないので結局そのまま孵化していない。「これが生まれたらどうやって飼うの?もうこのままで十分」と話をしていた。

一応、近所のペットショップにも行って、オスを買おうと思ったときもあったのだが、どの店でもオスメスの区別を指定しては買えないとのこと。ま、ショップ側の言い分としては正しいでしょう。1匹ウン万円の犬・猫と違い、100円以下のめだかごときにそんなに付き合ってはいられないでしょうから。

どうやって飼うか、はあるものの、渡りに船と夏祭りに行ったら、子供たちは合計11匹ものめだかを連れて帰ってきた。

合計12匹。どうやって飼育しよう・・・

posted by esese at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | キッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都消失

最近になって小松左京の日本沈没が映画化されている。

ずーっと大昔、高校、大学のころにSFものに傾注していた時期があり、当然のごとく、日本沈没も読んでいた。

実家に帰省していることもあり本棚をあさったところ、「日本沈没」と共に、「首都消失」が出てきたので、上・下巻をこの二日間で読破。

いいですよねぇ、首都消失。名古屋人の私にとっては、冒頭から松浦商店の「とりご飯弁当」の礼賛(自分では「とり飯」としか言ったことは無いけれども)。

読み始めてさすがに記述のあちらこちらに隔世の感がありました。JRは「国鉄」だし、1メガのフロッピーだし、今となってはほとんど日常的に使われている携帯電話も使われていないし。

さすがに、本の帯に「87年正月第2弾東宝洋画系公開!」と書かれているだけある。ちなみに主演は渡瀬恒彦・名取裕子。

臨時政府が名古屋に置かれるところもGoodですな。

首都消失 (上)
小松 左京
4894564025


首都消失 (下)
小松 左京
4894564033



そういえばこのブログを書いている最中に思い出した。
「名古屋はええよ!やっとかめ」
名古屋人としてはこれは外せんでしょう。このCD↓の11曲目です。
Googleで検索すると、Flashも出てきます。

あっ超ー
つボイノリオ 小池順一 スリー・ステップ・トゥ・ヘブン
B00005GLT6

posted by esese at 16:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mixiの招待状が届いています

「mixiの招待状が届いています」

そんなタイトルのメールが届いた。
mixi自体はもちろん昔から知っていた。知人にも名だたるmixi使いがいて、きっと話をすれば招待もしてもらえたのだろうが、それはしなかった。

当時は(今もか?)、匿名性があるネットの世界で、あえてリアルな交友関係を求める意味がいま一つピンと来なかったからだ。

今までは出会うことが無かった人同士を引き合わせるための場を、ネット全般の世界よりは匿名性を低くして提供、ということにmixiの価値があるのだろう。ただ、mixiで本当にソーシャルネットワークを広げたいと思っている人がどこまでいるのだろう、そんなに人は友人を作りたがるのか、とふと感じてしまう。

友達はたくさんいるけど本当に腹を割って話せる親友がいない、という言葉を聞くことはあるが、そんな状況になっているのではないだろうか。

自分自身が昔からいじめられっ子で、友達と呼べる人も少なく、でもごく少数の信じることができる人がいれば、十分だった。今もそうなのかもしれない。



招待状から登録をして、ブログもmixiでつけようかと思ったけれども、あまりにもの重さに辟易して(似非でもSE!)、去年の11月以来、更新を止めていたブログを再開することにした。

このブログを復活させるきっかけを与えてくれた貴女に感謝。

posted by esese at 02:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。